まあるい旬生酵素 効果 痩せる ダイエット 美容

310種の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』

「まあるい旬生酵素」口コミで広がる人気の効果ベスト3

「まあるい旬生酵素」公式サイトはこちら
15日間の返金保証つきで安心

酵素不足が気になる方、健康的にダイエットしたい方、スッキリしたくてもスッキリできない方、お肌のハリが欲しい方、疲れやすくなったと感じている方などに大人気の「まあるい旬生酵素」。飲み続けたらどうなるのか知りたいですよね?

口コミで話題になっている「まあるい旬生酵素」の効果を3つお伝えしますね。それは「ウエストがほっそりしてきた」「毎日スッキリできる」「カラダがポカポカする」です。ダイエットできて、毎日スッキリで、カラダがポカポカ温まったら嬉しいですよね。

酵素は人が活きていくためには決して欠かすことのできない大切なもの。そんな大切な酵素が不足することで起きるカラダの不調から救ってくれる「まあるい旬生酵素」の嬉しい変化のベスト3をご紹介します。

「まあるい旬生酵素」の効果1・ウエストがほっそり

ウエストがほっそり!

健康的にスッキリダイエットしてスリムな生活したいから「まあるい旬生酵素」を飲み始める人が一番多いのではないでしょうか。「まあるい旬生酵素」の口コミの中で最も多いのが「痩せた」「体重が減った」「ダイエットできた」「ウエストが細くなった」「代謝が良くなった」などのダイエット効果を実感するものです。

ダイエット効果を期待して「まあるい旬生酵素」を飲み始めたのに、「まあるい旬生酵素」のせいで体重が増えたら何のための「まあるい旬生酵素」なのか分かりませんよね。でも、大丈夫です。「まあるい旬生酵素」は、1日分2粒でカロリーはたったの2.46kcal。これなら安心して「まあるい旬生酵素」を飲み続けられますよね。

310種の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』

「まあるい旬生酵素」の効果2・毎日スッキリ

毎日スッキリ!

毎日スッキリしたいから「まあるい旬生酵素」を飲み始める方もとても多いですね。「スッキリした」「便秘が解消した」「便通が良くなった」「お腹の調子が良くなった」など、確かなスッキリ効果を実感される方がとても多いです。

非加熱で生の酵素がたっぷり入っている「まあるい旬生酵素」。酵素は、食べたものを消化し、吸収・代謝・排泄に至るまですべての過程に関わるとても大切なもの。そんな大切な酵素がたくさん入っている「まあるい旬生酵素」でスッキリできるのもうなずけますね。

更に「まあるい旬生酵素」には、酵素の他にも乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維も入っています。22種類100億個の乳酸菌が腸内環境を改善。オリゴ糖が腸内善玉菌を増やし、食物繊維がスッキリを促します。

310種の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』

「まあるい旬生酵素」の効果3・カラダがポカポカ

カラダがポカポカ!

カラダがポカポカしてくると代謝も上がってダイエット効果も期待できるし、冷え性の改善も期待できます。カラダのポカポカのために「まあるい旬生酵素」には生姜・山椒・高麗人参の3つの和漢が入っています。和漢は古来より「温・活・燃」の働きに良いとされるとても大切なもの。この和漢を絶妙な割合で調合して配合。カラダの内側からメラメラ燃える働きをサポートします。

生姜には「胃腸の働きを助ける」「冷えを取る」などの働きがあると言われている日本人にとっては馴染みのある食材。

ピリッとした風味が特徴の山椒にはカリウム・ナイアシン・リンなどの栄養がふくまれており、胃腸の働きを整えたり、発汗作用や冷えの改善などの働きがあると言われています。鰻の蒲焼などにふりかけて食べることもあるので馴染みのある方も多いでしょう。

高麗人参は朝鮮人参とも言われ、中国では強壮剤としても知られている生薬で、疲労回復効果があると言われています。

「まあるい旬生酵素」公式サイトはこちら
15日間の返金保証つきで安心

「まあるい旬生酵素」口コミで広がる噂の効果・噂の体験談

「まあるい旬生酵素」は男女を問わず幅広い世代の人達に支持されています。しかし、多くの支持者の中でも特に強く「まあるい旬生酵素」を支持しているのは40~50代の女性です。

美容や健康に欠かせないと言われている酵素は、加齢や生活習慣の乱れで減少していきます。近頃ぽっこりしてきた、全然スッキリできない日が続いている、体力の衰えを感じる、手足が冷える、このようなことを強く実感するようになるのが40~50代の女性に多いと言われています。

これらの辛い変化の原因は加齢や生活習慣の乱れによる体内酵素の減少が原因です。酵素さえ飲んでいればこれらの問題がすべて解決する訳ではありません。しかし、「まあるい旬生酵素」の口コミを注意深く見ていると、嬉しい変化の口コミがたくさん見られるのに気が付きます。ここではそんな「まあるい旬生酵素」の嬉しい口コミをご紹介します。

ダイエット効果

「ウエストが細くなった」「痩せた」「体重が減った」「ダイエットできた」「代謝が良くなった」など、ダイエット効果を実感したという口コミが多いですね。

ダイエットには、大きく分けて「減らすダイエット」「置き換えるダイエット」「エネルギー消費量を増やすダイエット」の3つに分けられます。

このうち「まあるい旬生酵素」が関係するポイントは2つ。ひとつは体内での脂質を燃焼してエネルギーの産出を助ける働きのあるカルニチンを含んでいること、もうひとつは冷え性の改善とも関係のある和漢を配合していることです。

カルニチンの働きで脂質の燃焼を助け、和漢の働きでメラメラ燃える働きをサポートし、ダイエット効果が実感しやすくなっているという訳ですね。

冷え性の改善効果

「カラダがポカポカする」「冷え性が改善した」などの口コミも多いです。冷え性って特に手足の先の方に冷えを感じる辛い状態ですよね。冷え性は、もともと持っている体質のほか、生活習慣に問題があるために起きるという側面もあるので、生活習慣を見直すことである程度冷え性を改善することが可能です。

生活習慣を見直しつつ、カラダを温める働きのある食品を食べることで冷え性の改善効果を実感しやすくなります。

「まあるい旬生酵素」には、カラダを温める働きのある和漢(生姜・山椒・高麗人参)が配合されています。この3種類の和漢を「まあるい旬生酵素」独自の絶妙な割合で配合。カラダの内側からメラメラ燃える働きをしっかりサポートします。

便秘の改善効果

「スッキリした」「便秘が解消した」「便通が良くなった」「お腹の調子が良くなった」という口コミも本当に多いです。男性よりも女性に多いと言われている便秘ですが、そんな便秘を予防・改善するポイントは、食物繊維の摂取・水分の摂取・定期的な運動・排便時間の確保の4つです。

 

【食物繊維の摂取】

食物繊維は柔らかい便の量を増やします。

【水分の摂取】

水分は便を柔らかくして便通を改善します。

【定期的な運動】

激しい運動をする必要はありません。ウォーキングなどの軽めの運動で充分です。運動は腸の蠕動運動を促す効果があります。

【排便時間の確保】

便意を感じたら可能な範囲でトイレでしゃがむ習慣を付けるといいでしょう。

 

「まあるい旬生酵素」には腸内環境を改善する働きのある乳酸菌と食物繊維がたっぷりと配合されています。「まあるい旬生酵素」を多めの水で飲みつつ、定期的に軽い運動をし、毎日の排便時間を確保すれば、便秘解消の効果が期待できます。

カラダ全体の調子が良くなった

「何となくカラダ全体の調子が良くなった」「寝付きが良くなった」「寝覚めが良くなった」「疲れにくくなった」「ダルさがなくなった」「お肌にハリが出て化粧ノリが良くなった」「肌荒れが改善した」「綺麗になったと言われた」「ゲップが減った」「おならが減った」「頭痛がなくなった」「足の浮腫が改善した」など、カラダ全体の調子が良くなったという効果を実感している口コミも多いですね。

食べたものの消化・吸収全般に関わる酵素の働き、乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維などによる腸内環境の改善、和漢の働きによる代謝のアップなど、カラダ全体の巡る力が向上すれば、カラダ全体の調子が良くなるのも頷けます。

「もう、手放せません!」「出会えてよかった!」「スッキリできた!」など愛用者の嬉しい実感の声がたくさん集まる「まあるい旬生酵素」。満足度92%という驚きの数字が生酵素サプリとしての実力を示しています。

310種の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』

「まあるい旬生酵素」効果の秘密は原材料や成分にあった!

「まあるい旬生酵素」は圧倒的な栄養価を実現しました!

「まあるい旬生酵素」が使用している植物発酵エキスは、国内外において減農薬や有機栽培で育てられた野菜を中心に生産者と直接やり取りをしながら厳選したものだけを使用。四季折々の旬素材を3年間発酵・熟成させて仕上げたエキスをたっぷり使用しています。

そんな頑固ともいえる素材へのこだわりと、じっくりと3年間もの時間と手間暇をかけて作り上げた植物発酵エキスへのこだわり。そんな職人たちのこだわりが、圧倒的な栄養価をほこる生酵素サプリ「まあるい旬生酵素」を作り上げました。

しかも「まあるい旬生酵素」は丸剤製法にもこだわって、植物発酵エキスをそのままギュギュッと凝縮して正露丸のような粒状に仕上げています。丸剤製法は余計な被包剤(カプセルのゼラチン)が不要なので、植物発酵エキスをたっぷりと配合することができました。

植物発酵エキス

国内外において減農薬や有機栽培で育てられた野菜を使っているために、時期や気候により異なる場合もありますが、「まあるい旬生酵素」は次のような植物発酵エキスを使用しています。

植物発酵エキス(黒糖、大豆たんぱく、根菜類(かぶ、にんじん、だいこん、その他)、葉物野菜(はくさい、きゃべつ、なばな、その他)、果菜類(とまと、なす、きゅうり、その他)、果実類(みかん、はっさく、ゆず、その他)、穀類(おおむぎ、こめ、ごま、その他)、海藻類(こんぶ、わかめ、あおのり、その他)、キノコ類(まいたけ、しいたけ、えりんぎ、その他)、山菜類(こごみ、ふき、わらび、その他))

「まあるい旬生酵素」公式サイト

その他の原材料

「まあるい旬生酵素」では、植物発酵エキスの他には次のような原材料を使用しています。この中で特に注目するのは、食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌でしょう。

食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌は腸内環境を改善する効果が期待されているとても大切な原材料です。植物発酵エキスとの合わせ技でカラダの内側からじっくりと体質を改善していく効果が期待できますね。

甘藷末、でん粉、大豆食物繊維、ショウガ末、ガラクトオリゴ糖、梅エキス、有胞子性乳酸菌、オタネニンジン末、サンショウ末、デキストリン、乳酸菌、乳酸菌凍結乾燥末

「まあるい旬生酵素」公式サイト

グレープフルーツ種子抽出物

「まあるい旬生酵素」の約8倍の植物発酵エキスが入っている「旬生酵素プレミアム」には、グレープフルーツ種子抽出物という天然素材由来の食品添加物が含まれています。

グレープフルーツ種子抽出物とは、グレープフルーツの種子から抽出した天然由来品の抗菌製剤で食品添加物として認められています。

抗菌性の強い製剤で、食品から日用品まで多くの製品に使われています。

ミクロキラー

食品添加物とはいっても元がグレープフルーツの種なので安全性に問題はありません。グレープフルーツ種子抽出物の働きとしては、カビの抑制効果、酸化防止効果、抗菌効果などがあります。

「旬生酵素プレミアム」も「まあるい旬生酵素」と同様に、保存料や着色料などの化学的に合成された食品添加物を一切使用していません。とはいえ、食品添加物として認められているグレープフルーツ種子抽出物を使用しているので完全無添加とは言えないかもしれません。

しかし、唯一使用しているグレープフルーツ種子抽出物はグレープフルーツの種子から抽出したものであり天然素材に変わりはありません。「旬生酵素プレミアム」と「まあるい旬生酵素」の四季折々の旬素材へのこだわりです。

アレルゲンになりそうな原材料

アレルギーに関して「まあるい旬生酵素」の公式サイトに次のような記述があります。

原材の一部に小麦、リンゴ、モモ、キウイフルーツ、バナナ、ヤマイモ、大豆、カシューナッツ、ゴマを使用しています。
アレルギーをお持ちの方は、かかりつけのお医者様にご相談ください。

「まあるい旬生酵素」公式サイト

今よりも健康になりたいから「まあるい旬生酵素」を飲むのに、「まあるい旬生酵素」が原因で健康を損なったのでは元も子もありません。

上記以外の原材料の他にも使用されている原材料が公式サイトに公開されています。アレルギーが心配な方は、購入の前に公式サイトで使われている原材料を確認しておきましょう。

「まあるい旬生酵素」公式サイトへ

「まあるい旬生酵素」圧倒的な栄養価と成分

「まあるい旬生酵素」のミネラル成分

使われている原材料から考えると、「まあるい旬生酵素」には、カルシウム・カリウム・ナトリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・リン・銅などのミネラルが含まれていると考えられます。

ミネラル(mineral)は、一般的な有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外の必須元素である。無機質、灰分(かいぶん)などともいう。蛋白質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられる。

Wikipedia

ミネラルは人の体内で作ることはできないので、毎日の食事やサプリメントなどで必要な量を摂取しなければなりません。ミネラルは適量を摂ることが必要で、不足しても多すぎてもカラダの不調や病気の原因になります。

「まあるい旬生酵素」は数多くの原材料が使われているのでバランスよく、しかも過不足なく様々なミネラル分を摂取することができます。

カルシウムの効果

ミネラルと聞いて一番最初に思い浮かべるのがカルシウムじゃないでしょうか。カルシウムは人体内に一番多く含まれているミネラルで、おおよそ体重の1~2%を占めると言われています。

カルシウムは骨や歯の主要な成分であると同時に、筋肉の収縮・ホルモンや神経伝達物質放出・血液の凝固・生理活性物質分泌など生命の維持や活動に重要な働きをしています。

カルシウムには酵素反応にも関係していることが知られています。酵素は食べたものの消化・吸収・代謝・排泄に至るまでのすべての過程に関わっているので、カルシウムが不足すると酵素反応に支障が生じる恐れがあります。

カルシウムの吸収にはビタミンDが必要です。このため、充分な量のカルシウムを摂取していてもビタミンDが不足しているとカルシウム不足になることがあります。「まあるい旬生酵素」にはカルシウムとビタミンDがどちらも入っているので、効率的にカルシウムを吸収することができます。

カリウムの効果

カリウムもカルシウムと同様に人体内に多く含まれるミネラルです。カリウムの主な効果としては、高血圧予防・むくみの改善・神経伝達・筋肉を正常に保つなどの働きがあると言われています。

ナトリウムは摂りすぎると高血圧の原因になりますが、反対にカリウムは血圧を下げる働きがあります。体内に含まれている余分な塩分を体外に排出する効果もあるので血圧を下げる働きがある訳です。

血液中のカリウム濃度が低下すると筋肉痛・筋力低下・反射機能低下・便秘・吐き気・嘔吐などの症状が現れます。重症になると自律神経失調・不整脈などの症状が出ることもあります。

カリウムは普通の食事を摂っていれば不足することはあまりないのですが、真夏の暑い時に大量の汗をかいた時などに汗とともにカリウムが大量に失われて低カリウム血症になり、夏バテの原因になることもあります。

ナトリウムの効果

ナトリウムは塩化ナトリウム(食塩)の形で体内にたくさん存在しています。食塩は人にとって必ず必要な必須ミネラルのナトリウム源として、生命維持に絶対に必要なとても重要な物質です。

ナトリウムは、カリウムと共に体内の水分量を適切な状態に調節したり、筋肉や神経を正常に動かすために大変重要な働きをしています。

ナトリウムは食塩の形で多くの食品に含まれているので、普通の食生活をしていれば不足することはまずありえません。しかし、夏場の暑い時に運動をして大量の汗をかくと不足することもあります。

通常ナトリウムに関して問題になるのは、塩分の不足ではなくて塩分の過剰摂取の方です。塩分の過剰摂取が長く続くと高血圧や胃ガンなどの生活習慣病になってしまうこともあるので塩分の摂りすぎには注意が必要です。

マグネシウムの効果

マグネシウムは体内にある量の50%~60%が骨にあり、残りは筋肉・脳・神経にあります。体内のマグネシウム量が不足すると骨にあるマグネシウムが放出されて血中のマグネシウム濃度が一定に保たれます。

マグネシウムの働きとしては、補酵素として300種類以上の酵素反応で働いています。300種類以上もの酵素反応に関わっているということは、体内におけるエネルギー産出・栄養素の合成や分解・神経伝達・神経の興奮抑制・血圧の維持など、生命の維持に重要な役割を果たしています。

普通の食事をしていればマグネシウムが不足することは考えにくいですが、もしマグネシウム不足が続くと不整脈・骨粗鬆症・神経疾患・心疾患などの原因になることがあります。

また、マグネシウムは摂りすぎると下痢になることがあるので、「まあるい旬生酵素」の1日の目安量2~6粒より多くは飲まない方がいいでしょう。

鉄の効果

鉄も人にとって非常に重要なミネラルです。赤血球のヘモグロビンは鉄イオンを利用して酸素を全身に運んだり、各種酵素の構成要素として非常に重要な働きをしています。

鉄分が不足すると貧血になったり、酵素の働きに支障が出る恐れがあります。特に、貧血になると顔色が悪くなり、疲れやすくなったと感じるようになります。さらに、カラダが重く感じるようになったり息切れするようになり、日常生活にも支障が出ます。

鉄分は不足しがちな栄養素なので、食事を中心にしっかりと鉄分を摂取しなければなりません。一緒にタンパク質・アミノ酸・ビタミンCと一緒に摂取すると鉄分の吸収がよくなることが知られています。「まあるい旬生酵素」にはタンパク質・アミノ酸・ビタミンCも含まれているので効率よく鉄分も摂取することができます。

亜鉛の効果

亜鉛は体内に約2gあると言われ、その多くが筋肉と骨に含まれますが、肝臓・膵臓・前立腺・皮膚などにも含まれます。

亜鉛は多くの酵素に含まれていて生体内の様々な反応に関係しており、新陳代謝やタンパク質の合成、DNAの合成に関わっています。このために細胞の生まれ変わりが活発な箇所で多くの亜鉛が必要とされ、生命維持に非常に重要な役割を果たしています。

亜鉛不足は味を感じにくくなる味覚障害の原因になることがあります。これは味を感じる味蕾(みらい)細胞の減少によるものです。その他の亜鉛欠乏症としては、貧血・皮膚炎・免疫機能の低下などが知られています。

普通の食生活をしていれば過剰摂取になることは殆どありません。しかし、サプリメントの継続的な摂り過ぎで亜鉛が過剰になると、銅の吸着を阻害して銅欠乏性貧血の原因になることがあります。

リンの効果

リンは体内においてカルシウムの次に多いミネラルです。リンはカルシウムやマグネシウムとともに骨や歯の構成成分になっています。

リンにはカルシウムと結びついて骨や歯を作るほか、体内の糖をエネルギーに変える代謝反応に関わっています。また体液のpHバランスや浸透圧の調節、神経伝達などにも関与しています。

リンは、加工食品・食品添加物・清涼飲料水など多くの食品に含まれているので、リンが不足することは殆ど考えられません。むしろ反対にリンの摂り過ぎを心配した方が良さそうです。

リンの摂り過ぎが長期間に及ぶとカルシウムの吸収を妨げるので骨密度が低下する恐れがあります。健康的な骨のためには、カルシウムを充分な量を摂取すると同時にリンの摂り過ぎに注意をする必要があります。

銅の効果

銅は成人の体内に約80mg存在する微量必須ミネラルで、鉄分から血液中の赤血球が作られるのを助ける働きがあります。

また銅は、体内で約10種類の酵素となって、活性酸素の除去・骨の形成・免疫力の向上・エネルギー代謝・神経伝達物質の生成などにも関与しています。

普通の食事をしている健康な人には欠乏症は起きないと言われています。しかし、何らかの原因によって極端に銅が不足した場合は、貧血・白血球減少・骨異常・成長障害・免疫機能低下などの異常が見られることもあります。

反対に銅の過剰摂取に関しても、普通の食事をしている健康な人にはほとんど起きません。薬物の誤飲や銅製の調理器具や食器で酸性の食品を扱ったことによる銅の過剰摂取による肝障害などの中毒の事例があります。

310種の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』

「まあるい旬生酵素」のビタミン成分

使われている原材料からみると「まあるい旬生酵素」には、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・葉酸などのビタミンが含まれていると考えられます。

ビタミン(ヴィタミン、英語: vitamin [ˈvaɪtəmɪn, ˈvɪtəmɪn])は、生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、その生物の体内で十分な量を合成できない炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称である

Wikipedia

ビタミンは、人の体内では充分な量が作られないので、毎日の食事やサプリメントなどから摂取する必要があります。ビタミンもミネラルと同様に、不足しても摂りすぎても健康障害が起きることがあります。

「まあるい旬生酵素」には数多くの原材料が使われているので、様々なビタミンをバランスよく摂ることができます。

ビタミンAの効果

ビタミンA(レチノール)は油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつ。目や皮膚の健康維持・喉や鼻の粘膜の乾燥を防いで細菌からの抵抗力を増す働きがあります。

健康な人が通常の食事をしていればビタミンAが不足することは稀ですが、ビタミンAが不足すると夜盲症(鳥目・とりめ)などの視覚障害が発生する恐れがあります。

その他のビタミンA欠乏症としては皮膚及び粘膜の角質化や異常乾燥・色素沈着などがあります。皮膚や粘膜が角質化したり異常乾燥したりすると細菌やウィルスに対する抵抗力が弱まって感染症にかかりやすくなります。また、皮膚の角質化と色素沈着は見た目も悪くなり美容の大敵でもあります。美肌のためにもビタミンAはとても大切です。

ビタミンAは摂り過ぎても健康被害が起きる恐れがあります。普通の食事をしていれば過剰症は起きにくいのですが、サプリメントやビタミン剤などの摂り過ぎで過剰症になることもあります。主な過剰症としては頭痛・脱毛症・筋肉痛・食欲不振・皮膚の剥げ落ちなどがあります。健康のためにもビタミンAの不足と摂り過ぎには両方気をつけなければなりません。

ビタミンBの効果

ビタミンBは水に溶ける水溶性ビタミンですが、単一の水溶性ビタミンではなくて、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6、ビタミンB7(ビオチン)、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12の8種類から構成されるビタミンB群(ビタミンB複合体)です。

ビタミンB群の共通する特徴としては、水に溶ける水溶性であることと、糖質・脂質・タンパク質などの代謝を行う点にあります。また、皮膚と頭髪の健康維持にも大きく関わっているので美容にも大いに役立つビタミンです。それぞれのビタミンBの働きはおおよそ次の通りです。

  • ビタミンB1:糖質からのエネルギー産出。皮膚や粘膜の健康維持。脚気防止。
  • ビタミンB2:糖質・脂質・タンパク質の代謝。皮膚・爪・頭髪・粘膜の健康維持。
  • ビタミンB3(ナイアシン):糖質・脂質・タンパク質の代謝。皮膚や粘膜の健康維持。
  • ビタミンB5(パントテン酸):糖質・脂質・タンパク質の代謝。皮膚や粘膜の健康維持。善玉コレステロールの産出。
  • ビタミンB6:脂質・タンパク質・アミノ酸の代謝。皮膚や粘膜の健康維持。免疫機能の維持。
  • ビタミンB7(ビオチン):脂質・タンパク質・アミノ酸の代謝。皮膚・爪・頭髪・粘膜の健康維持。
  • ビタミンB9(葉酸):ビタミンB12とともに血液を作る。細胞の生産や再生。
  • ビタミンB12:葉酸とともに血液を作る。タンパク質や核酸の生合成。アミノ酸や脂肪酸の代謝。

ビタミンB群は水溶性であることから、使われずに余ったビタミンB群は尿中に排出されるので過剰摂取による健康被害は殆ど起きません。ただし、サプリメントや医薬品などによる過剰摂取には一応気を付けておいた方が良さそうです。

ビタミンCの効果

ビタミンCはアスコルビン酸ともいわれ、水溶性ビタミンのひとつです。カラダの中でビタミンCを合成することができないので食事からビタミンCを摂らなければなりません。ビタミンCはコラーゲンの生成に必須のビタミンであり、メラニン色素の生成を抑える働きもあることから美容のビタミンとしても広く知られています。

ビタミンCが不足すると顔色が悪くなる・貧血・筋肉減少・抵抗力の低下・精神的に不安定になるなどの症状が現れます。

ビタミンCはコラーゲン生成に必須のビタミンであることから、ビタミンCが極度に不足するとコラーゲンが生成されなくなるために、血管がもろくなって出血を起こす壊血病を発病します。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので摂り過ぎても尿中に排出され過剰症が起きることは稀です。しかし、サプリメントや医薬品で極度に摂り過ぎた場合は、下痢・吐き気・腎結石などが起きることもあるので注意が必要です。

ビタミンDの効果

ビタミンDは油脂に溶ける脂溶性ビタミンで、骨と歯の正常な発育促進に大変重要な働きをします。ビタミンDは小腸でカルシウムとリンの吸収を促進させて血液中のカルシウム濃度を一定に保つことで丈夫な骨を作ったり、筋肉の収縮・神経伝達を正常な状態に保つ働きをします。

ビタミンDは食品から摂る場合と日光を浴びることで体内で作られる場合の2つの方法で供給されます。ビタミンDを豊富に含む食品としてはキノコ類・魚介類・卵黄・バターなどです。また、日光を浴びてもビタミンDが生成されることから、通勤・通学・買い物など通常の活動をしている人がビタミンD不足になることはあまりないと考えられます。

ビタミンDが不足すると小腸からのカルシウム吸収が不足して骨や歯の形成がうまくいかなくなります。ビタミンD不足の状態が長く続くと骨の軟化が始まり骨軟化症や骨粗鬆症になりやすくなり、骨折の危険性が高まります。

反対にビタミンD過剰の状態が長く続くと高カルシウム血症や腎機能障害などが起きることもあります。しかし、通常の食生活をしていれば、そのような過剰症の発生は殆どありません。

ビタミンEの効果

ビタミンEは油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。強い抗酸化作用があるので老化防止(アンチエイジング)の効果があります。また、強い抗酸化作用によって過酸化脂質の生成を抑制し血管を健康に保つ働きがあります。

ビタミンEが不足すると感覚障害や筋障害が見られることがあります。血行が悪くなるので冷え性・肩こり・頭痛が起きることもあります。また、ビタミンEの不足で抗酸化作用が低下するのでシミやシワができやすくなります。

ビタミンEの過剰摂取で血液がサラサラになり過ぎて出血時に血が止まりにくくなることが知られています。一般的に脂溶性ビタミンは体内に蓄積しやすい性質を持ちますが、ビタミンEの場合は他の脂溶性ビタミンに比べて体内に蓄積しにくい性質を持ちます。このため通常の食生活をしていれば過剰症になる心配は少ないと言えます。

ビタミンKの効果

ビタミンKは油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。主な働きとしては血液凝固作用(出血時の止血作用)があります。他の働きとしては骨を丈夫にする働きもあります。納豆に多くのビタミンKが含まれているので、納豆をよく食べる習慣のある地域では骨折が少ないという報告もあります。

ビタミンKは、納豆の他にも緑黄色野菜に多く含まれていて、豆類・海藻・植物油・肉類・乳製品・鶏卵などにも含まれています。しかもビタミンKは腸内細菌によっても作られるので、通常の食生活をしていれば不足することはあまりありません。

またビタミンKは脂溶性ビタミンであることから、通常の食生活をしている人たちからの過剰症の報告は見当たりません。

葉酸の効果

葉酸はビタミンB9・ビタミンMとも言われ、ビタミンB群の中のひとつで水に溶ける水溶性ビタミンです。

葉酸はビタミンB12とともに赤血球を作る働きがあります。また葉酸は代謝に関係していて、細胞の生産や再生にも関係しています。このため、胎児の発育にとって大変重要な栄養素です。妊婦が充分な量の葉酸を摂取することで胎児の先天的な異常のリスクを減らすことができます。

葉酸は、アスパラガス・ほうれん草・ブロッコリー・枝豆などの野菜のほか、牛や豚や鶏のレバー・うなぎなど幅広食品に含まれています。このため普通の食生活をしていれば葉酸が不足することはあまりありません。万が一何らかの原因で葉酸が不足すると造血機能に支障をきたして貧血になることもあります。

反対に葉酸を摂り過ぎてしまうと発熱・蕁麻疹・痒み・神経障害などの症状が現れることがあります。

310種の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』

「まあるい旬生酵素」に入っている18種類のアミノ酸

アミノ酸は生命の源とも言える栄養成分です。「まあるい旬生酵素」には18種類のアミノ酸が入っています。自然界には約500種類のアミノ酸が見つかっていますが、そのうち人が体内で合成できない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)といい、食事やサプリメントで摂取する必要があります。

人の必須アミノ酸は次の9種類。

トリプトファン
リシン(リジン)
メチオニン
フェニルアラニン
トレオニン(スレオニン)
バリン
ロイシン
イソロイシン
ヒスチジン

必須アミノ酸の中でもバリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の必須アミノ酸は分岐鎖アミノ酸(BCAA:branched-chain amino acids)と言われ、人にとって必要とされるアミノ酸の約40%を占めます。BCAAには筋肉のタンパク質の合成を促進し筋肉の分解を抑制する働きがあります。筋肉量が増えると基礎代謝が上がってダイエット効果も期待できます。

また、お肌の保湿や髪の毛の保湿もアミノ酸の働きによるものです。お肌のハリの元になっている美容成分のコラーゲンもアミノ酸からできています。美容のためにもアミノ酸はとっても大切な働きをしているんです。

必須アミノ酸は全部の種類をバランスよく摂取しないとアミノ酸としてうまく働かないという特徴があります。そこに「まあるい旬生酵素」を飲む意味があります。「まあるい旬生酵素」には18種類のアミノ酸がバランスよく配合されているので、無駄なくアミノ酸を摂ることができる訳です。

トリプトファンの効果

トリプトファンは人における必須アミノ酸のうちのひとつ。ビタミンB群のひとつであるナイアシンを作ったり、睡眠や体温調節などの生体リズムを調節する働きのあるセロトニンを作る働きがあります。この生体リズムを調節する働きにより不眠症・時差ボケ・鬱病の改善にも役立つとされています。このため人の健康増進に極めて大切なアミノ酸です。

トリプトファンは多くの蛋白質の中に入っていますが、その量は少なく体内で充分な量が合成できないので、適量を食べ物から摂る必要があります。

タンパク質を多く含む食品ほどトリプトファンも多く含まれます。肉・魚・豆類・ナッツ・乳製品・豆乳などのトリプトファンが豊富に含まれています。

リシン(リジン)の効果

リシンは人における必須アミノ酸のうちのひとつ。リジンと表記する場合もあります。精白米・小麦・トウモロコシなどの穀類にはリシンの含有量が少ないので、穀類以外のタンパク質を意識して摂取していないと不足しがちになるアミノ酸です。そのために、その他の食物(特に動物性タンパク質)からリシンを摂取する必要があります。

穀類のリシン含有量は少ないですが、豆類には豊富にリシンを含みます。また、肉・魚・乳製品にも豊富に含むので、炭水化物中心の食生活をしないことが大切です。

リシンの主な働きとしては、生体の成長や修復・免疫力向上・カルシウムの吸収促進・ホルモンや酵素の生成・肝臓機能強化など。リシンが不足すると成長障害が発生し、重症化すれば生命に関わることもあります。

メチオニンの効果

メチオニンは人の体内で作り出せない必須アミノ酸のうちのひとつ。脂質の代謝に関係し、肝機能の維持(肝臓の解毒作用)に重要な働きをします。また、皮膚の痒みなどのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの血中濃度を下げる効果があるのでスキンケアにも大きく関係します。抑鬱効果も注目されています。

メチオニンを多く含む食べ物としては、牛肉・鶏肉・羊肉・魚・レバー・牛乳・野菜・果物・豆類などが挙げられます。通常の食事だけでメチオニンを摂り過ぎになる心配はありません。

メチオニンが不足すると利尿作用低下によるむくみや抜け毛の原因になることもあります。メチオニン不足はカラダ全体の健康に悪影響があるだけではなくて美容にも大きく関係します。

フェニルアラニンの効果

フェニルアラニンは人における健脳効果と食欲抑制に関係する大変重要な必須アミノ酸です。脳と神経の神経伝達物質としての大変重要な働きをし、抑鬱効果や精神安定や記憶力に関係します。神経伝達物質が分泌されると神経が興奮して幸福感を覚えたり、気分が高揚したりするので鬱状態の改善に効果があります。

フェニルアラニンを摂り過ぎると血圧が上昇する可能性があります。

フェニルアラニンが不足して神経伝達物質のバランスがくずれると記憶力が低下したり気分が落ち込んだりする弊害が起きることが分かっています。

フェニルアラニンを豊富に含む食べ物としては、豚肉・鶏肉・魚介類・小豆・納豆・きな粉・高野豆腐・蕎麦・素麺などです。

トレオニン(スレオニン)の効果

トレオニンはスレオニンとも言われ、人における必須アミノ酸のうちのひとつ。腸の働きを活発にすることで消化吸収を良くし新陳代謝を促したり成長を促進する働きがあります。また、肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝になるのを防ぐ働きもあります。

また、スレオニンはコラーゲンを合成する際に使用されるためにお肌のハリを保つ効果があり、美肌効果やスキンケアに関する注目の成分にもなっています。

トレオニンが不足すると成長障害が起きたり貧血になる場合もあります。トレオニンを摂ることによる有害な症状の報告も殆ど無く、下痢などの軽い症例があるのみです。

トレオニンは、牛肉・豚肉・鶏肉・魚・卵などの動物性タンパク質に多く含まれるほか、レンズ豆などの豆類にも多く含まれます。

バリンの効果

バリンは必須アミノ酸のひとつであり、筋肉で代謝される分岐鎖アミノ酸(BCAA:branched-chain amino acids)です。カラダのタンパク質を増やす働きがあり、運動時のエネルギー源として使われるので疲労回復効果もあります。

バリンは、運動時のエネルギー源や疲労回復効果だけではなく、運動中の筋肉消耗を低減させることで運動の持久力を高めたり、運動後の筋肉痛を和らげる効果があることでも注目されています。

バリンをたくさん含む食品としては、牛肉・鶏肉・魚・ピーナッツ・ごま・チーズ・レンズ豆などが挙げられます。このようにバリンは多くの食品に含まれるので、普通の食生活をしていれば不足しにくいアミノ酸ですが、同じ分岐鎖アミノ酸(BCAA)に含まれるロイシンとイソロイシンが不足すると働きが弱まるのでバランス良く摂取することが大切です。

ロイシンの効果

ロイシンは体内で合成ができない必須アミノ酸のひとつであり、バリン・イソロイシンとともに筋肉で代謝される分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。筋肉のエネルギー代謝に深く関わっており、タンパク質の生成と分解を調整する働きがあり、運動による筋肉のタンパク質の分解を防ぐ働きがあります。また、脂肪燃焼を促すとも言われておりダイエット効果も期待できます。

ロイシンを豊富に含む食品としては肉・魚・卵・チーズなどの乳製品・納豆や高野豆腐などの大豆製品が挙げられます。ロイシンはアミノ酸の中でも必要量が最大です。しかし、ロイシンは比較的幅広い食品に含まれているために普通の食生活をしていれば不足することは殆ど無いと考えられます。

イソロイシンの効果

イソロイシンは体内で合成することのできない必須アミノ酸のひとつ。ロイシン・バリンとともに筋肉で代謝される分岐鎖アミノ酸(BCAA)で、疲労回復・筋肉増強・成長促進・スタミナアップに効果があります。また、運動前にイソロイシンを摂ることで筋肉の消耗を減らすことができるとも言われています。脂肪燃焼を促すと言われておりダイエット効果も期待できる。

イソロイシンには筋肉に関する効果だけではなくて、神経に関する働きのサポート効果・健脳効果があることも分かっています。神経の興奮を伝える伝達物質にもなるので、脳の働きを刺激して記憶力がアップすると言われています。

イソロイシンを多く含む食べ物としては、鶏肉・鮭などの魚介類・牛乳やプロセスチーズなどの乳製品が挙げられます。イソロイシンをはじめとする分岐鎖アミノ酸(BCAA)はバランスよく摂ることで効果をより発揮することができます。

ヒスチジンの効果

ヒスチジンは乳幼児の成長に必須のアミノ酸です。大人は体内で合成できますが、子どもは体内で合成できないので必須アミノ酸に分類されています。特に子どもは食品からヒスチジンを適切に摂取すると成長促進の効果を得ることができます。

また、ヒスチジンは交感神経を刺激するヒスタミンに変換されます。ヒスタミンには食欲抑制効果があります。体内でヒスチジンがヒスタミンに変換されると満腹中枢が刺激されて食欲が抑制され、更に脂肪燃焼が促進されるのでダイエット効果が期待できます。

ヒスチジンを豊富に含む食材としては、サバ・サンマ・ブリ・マグロ・カツオなどの青魚、牛肉・豚赤身肉・鶏むね肉などの肉類、ヨーグルト・チーズなどの乳製品、大豆やきな粉などの大豆製品が挙げられます。

310種の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』

「まあるい旬生酵素」に入っている22種類の乳酸菌

酵素の力をサポートし、カラダの内側から改善していく働きのある乳酸菌22種類が「まあるい旬生酵素」2粒あたり100億個入っています。「まあるい旬生酵素」の乳酸菌が腸内環境を整え、カラダの調子を内側から整えていきます。

【「まあるい旬生酵素」に入っている乳酸菌】

オエノコッカスオエニ、ラクトバチルス・プランタラム、ラクトバチルス・アシドフィルス、ラクトバチルス・カゼイ、ビフィドバクテリウムインファンティス、ロイコノストックメセンテロイデス、スタフィロコッカスカルノーサス、ラクトバチルスファーメンタム、ラクトバチルスパラカゼイ、ラクトバチルス・ブルガリクス、ビフィドバクテリウム・ビフィダム、ラクトコッカスラクチス、ラクトバチルスラムノサス、ラクトバチルス・ブレビス、有胞子性乳酸菌ラクリス-S、ビフィドバクテリウムラクチス、ストレプトコッカスサーモフィラス、スタフィロコッカスキシローサス、+EC-12、ビフィドバクテリウムロンガス、ペディオコッカスペントサセウス、エンテロコッカスフェシウム(「まあるい旬生酵素」公式サイト

「まあるい旬生酵素」効果なしという噂も?

女性二人で「まあるい旬生酵素」の口コミ中!

効果を実感している口コミが多くある一方で、「痩せない」「下痢になった」「便秘が改善しない」「おならが増えた」「寝起きが改善しない」「変化なし」など、効果を実感していないという口コミも一部にはあります。

なぜ「まあるい旬生酵素」を飲んでも効果を実感できなかったのでしょうか。

「まあるい旬生酵素」は医薬品とは違って健康食品(サプリメント)なので即効性を期待して飲むものではありません。最低でも3ヶ月間飲み続けることで、ゆっくりとカラダの内側から体質を変えていくものです。即効性を期待して「まあるい旬生酵素」を飲み始めると効果を実感しずらいかもしれませんね。

また、酵素と言っても種類も多いのですから酵素とカラダの相性が良くなかったのかもしれませんね。酵素とカラダの相性の善し悪しは実際に飲んで確かめてみることが必要です。特に、今まであまり食物繊維を摂っていなかった人が一気に「まあるい旬生酵素」を1日の目安量2~6粒以上の量を飲むと食物繊維の摂り過ぎで下痢になってしまうこともあるようです。

 

「まあるい旬生酵素」公式サイトはこちら
15日間の返金保証つきで安心

 

タイトルとURLをコピーしました